印鑑の必要性 > 印鑑の種類

印鑑の必要性

印鑑の種類

日常生活の中でなにかと出番のある印鑑ですが、印鑑のルーツは紀元前のメソポタミア文明と言われ、日本には古代中国から伝来しました。 印鑑とハンコ。実は同じ意味ではありません。印鑑は、正式にはハンコを押したあとの印影のことを言います。
印鑑には実印、銀行印、認印などがあり、最も重要なのはやはり実印です。 実印は、市区町村で印鑑登録を行なった印鑑のことです。何ども登録するものではないので、耐久性のある材質で作ることをおすすめします。
銀行印は、金融関係の出納に使用します。こちらも重要な印鑑ですから、きちんと管理しなければなりません。 認印は、一般書類に使用されるもので、最もよく使うのではないでしょうか。実印には及びませんが、認印にも責任が伴います。 それぞれの捺印には十分注意する必要があります。
三文判と呼ばれる印鑑は、一般的に安価な素材で出来ている印鑑のことを指します。 偽造しやすいという点をしっかり理解して、大事な書類には使わないようにしましょう。